GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

タオルについたいやな臭いの取り方と原因を紹介 臭くならない方法とは?

   

バスタオル におい

部屋干し臭や雑菌臭などと呼ばれる嫌な臭い

干した直後はそんなににおわないのに、体をふいた途端ただよう雑巾臭・・・

タオルがぞうきんみたいな臭いになってくると、体をふく気も失せるし、せっかくお風呂で綺麗になったのに
嫌な臭いのせいでリラックスモードからストレスモードに・・なんてことにもなりますよね。

まぁとにかく洗ったタオルや衣類から雑菌臭がしてくるのは気分がよくないです。

一度におってきたらもう捨てないといけないのか!?

いやいや捨てなくても大丈夫です。

におい汚れをとる方法がありますので、捨てる前に是非おためし下さい。

スポンサードリンク
  

タオルの臭いの取り方!くさーいタオルはこれで復活

タオルが臭いにおいを放つ原因は雑菌がタオルに付着し繁殖しているからです。

なのでこの細菌を殺すことができればタオルの雑巾みたいな臭いはなくなります。

細菌を殺す方法は3つあります。

・熱湯につけて煮沸消毒

・漂白剤を使って殺菌

・高温になる乾燥機を使って殺菌

ではそれぞれのやり方をみていきましょう。

熱湯につけて煮沸消毒

①大きな鍋に臭いタオルと水をひたひたになるまで入れて沸騰させる

②グツグツ15分ほど煮れば殺菌完了
 煮沸中は上下にひっくり返すなどしてまんべんなく煮て下さい。
 熱いのでトングやお箸を使って下さい

③殺菌後、洗濯機で1回まわして干せばOK

※お鍋にタオルを入れるのが衛生的に嫌だな~という場合はバケツやお風呂の浴槽、
 洗面台などにタオルを入れて熱湯をかけまくるのでも効果ありです。
 (バケツなどで蓋ができる場合はするとなお良しです)

煮沸消毒は洗剤や漂白剤など何もいらないですし短時間なので手軽にできますよね。
でも量が多いとちょっと面倒臭いですねぇ。

漂白剤を使って殺菌

漂白剤には酸素系漂白剤と塩素系漂白剤がありますが、(殺菌力の強さは 塩素系>酸素系 です)
タオルの雑菌臭を取るのなら酸素系漂白剤でOKです。

酸素系漂白剤は液体と粉状の物があります。
効果が高いのは粉状のものになります。

①バケツや浴槽、洗面所のボウルに酸素系漂白剤(浸け置き・染み抜きの分量、だいたい1Lで5g)を
 規定の分量入れる

②40度~50度のお湯を入れ攪拌(かくはん)する(温度が高すぎると色落ちする可能性がありますので注意!)

③そこに臭いタオル、バスタオル等を入れ、まんべんなく浸かるようにする

④1時間~2時間浸けおく(2時間が限度です。生地が傷んだり色落ちしたりします)

⑤十分にすすぎ、洗濯機で1回回して干す

酸素系漂白剤があれば、後は溶かして浸け置きするだけなので煮沸と比べると時間はかかりますが
放置していれば良いので簡単ですね。

ちなみに、塩素系でももちろん殺菌できますが(というより塩素系の方が殺菌力が強いです)
生地に塩素独特の臭いが残ってしまいますので、あまりおすすめしません~。

高温になる乾燥機を使って殺菌

煮沸と同じ原理です。高温にして細菌を殺します。

①コインランドリーの乾燥機、またはガス式の乾燥機(乾太くん)、またはヒーター式の乾燥機で
 30分ほど乾燥させます。
 ※ヒートポンプ式は高温にならず最高温度でも60度ほどなので他の乾燥機と比べると効果は低くなります。

②乾燥させたタオル類を洗濯機で1回回し、干せば完了

高温になる乾燥機が家にあれば最も楽チンな方法です。

またハンカチやガーゼなど小さな物でしたらアイロンを当てて死滅させる方法もあります。

どれかやりやすそうな方法で是非お試し下さい。

スポンサードリンク

タオルが臭い その原因は?

タオルが臭くなる原因は落としきれなかった汚れをエサとして雑菌が繁殖し(雑菌は空気中にウヨウヨいます)、その雑菌達が作り出す代謝物(糞のようなもの)が
あの雑巾くささを放っているのです。

で、その臭いを放つ原因の多くはモラクセラ菌という微生物(のフン)。

このモラクセラ菌は洗濯しただけでも、外干しして紫外線を当てても中々死にません。

モラクセラ菌を死滅させるには60度以上の高温にさらすか、除菌殺菌効果のある漂白剤で死滅させるしかありません。

でもこのモラクセラ菌が少しいるだけではあんなに雑巾くさくなることはないんです。
モラクセラ菌が大量に増殖してしまうことが問題なのです。
湿度が高く、温度が適温(20~30度)で風通しが悪い場所だと絶好の繁殖場所です。
濡れたタオルを洗濯するまで洗濯機や洗濯カゴの中に入れていませんか?
夏のジメジメした季節、高い気温だと夜から朝までの数時間の間にみるみる増えていってしまいますよ~!

また洗濯槽がカビに犯されていると、洗うたびに雑菌が衣類につくこともあります。
そうなるとタオルだけ殺菌していても、また雑菌がついて、雑巾臭くなって~と同じことを繰り返すことになります。
洗濯槽の掃除はこまめにされていますか?
洗濯物に黒カビが浮いてきたことはありませんか?
洗濯槽に黒カビが一旦はえるとなかなか自分だけでは取りきることは難しいです。
そのような場合は一度分解洗浄をされることをおすすめします。
→洗濯槽を分解洗浄してみた

タオルが臭くならない方法 ちょっとしたことで毎日快適に

では次に日頃からタオルが臭くならないようにできることをお伝えします。
毎回煮沸なり、漂白剤なりするのは面倒臭いですからね~。

前章から、タオルが臭くなる原因は

・モラクセラ菌の繁殖
・濡れたタオルを風通しの悪い場所に置いておく
・洗濯槽のカビ

だとお伝えしました。

なのでそれに対応する対策を取れば大丈夫です。

タオルを臭くさせない方法

・濡れたタオルは洗濯機や洗濯カゴに丸めて入れずにハンガーや椅子などにかけて洗濯するまで干しておく

・体をふくときはゴシゴシ拭かず、押さえる感じでふく

・すすぎ不足で洗剤がタオルに残るとそれが菌のエサになるので、洗剤は規定の量より少なめに入れる

・洗剤の入れ方を工夫する

洗剤の入れ方
①洗濯機に洗濯物を入れず、まず水(ぬるま湯がベスト)を低水位で入れる
②洗剤をダイレクトに入れ5分ほど攪拌(かくはん)して洗剤を溶かす(粉末でも液体でも)
③こんもり泡がたってきたら洗濯物を入れ、洗濯物に合った水位まで水を入れる。
※水位は余裕があるぐらいまで入れましょう。泳ぐように回るのが理想です。
 水代を節約しようと思って最低限の水にすると汚れが落ちが悪くなります。
※汚れがひどいものがある場合、泡がこんもりしてきた時に先にそれだけを入れ回せば濃度の濃い洗剤の中で
 洗えるので汚れ落ちが良くなります。

・洗濯機に洗濯物を詰めすぎない
※洗濯物が快適に回る量にしましょう。多い場合は2回に分けましょう。

・雨の日や部屋干しの際は短い時間で乾くように扇風機や除湿機、浴室乾燥機等を利用する
※乾くまでの時間が長ければ長いほど菌が繁殖します。4~5時間以内で乾くのを目安に!
 雨の続く日は乾きやすい薄いバスタオルを使うようにするのも1つの手です。

・洗濯槽は月1回洗浄する
 →洗濯槽の掃除の仕方

ポイントは
濡れたままの状態で放置しないことと
洗剤を良く溶かしてから洗濯すること

です。
洗濯で落ちきれなかった汚れをエサに菌が繁殖してしまうので、
洗濯の際にしっかりと落ちるように少し面倒ですがひと手間加えると汚れ落ちもよくなりますし、
洗剤のすすぎ残りもなくなります。
洗濯槽にとっても洗剤の残りがなければカビも発生しずらくなりますので、トータル的に見ても
清潔を保てますし良いことづくしですねぇ~。

さいごに

我が家のタオル&バスタオル達もことごとくにおうようになってきて
一度液体の酸素系漂白剤を入れて浸け置きしたんです。(水で)
それから洗濯機に入れて普通に干したんですが、濡れるとまた強烈なニオイが炸裂しました

それから「液体」では効果が薄いこと、「水」では酸素系の効力が発揮されにくいことを知りました。
2回目はまず熱湯の中にタオルを浸けて(15分ほど)そこから水を少し足して酸素系漂白剤の適正温度(40~50度)
にし、酸素系漂白剤を入れて1時間ほど浸けおきました。

その後、夜だったので部屋干し&扇風機で乾かしたら臭いはすっかりなくなってました~!

これは嬉しい!

1回目が全然だったので熱湯+漂白剤で念入りにしましたが、きっとそこまでする必要はないかもです。
生地は確実にいたんじゃいますしね。。

みなさんもくさーくなったタオルは捨てずに一度殺菌してみて下さい!
きっと蘇りますよ~^^

スポンサードリンク

 - 生活 , , , , , , , ,