GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

お中元の意味や由来とは?お中元を贈る相手や時期、相場を紹介

   

お中元と言えば普段お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈る贈り物ですよね。
礼儀だからしなければいけない、しといた方が良い、ということは
わかるんですが家計を圧迫するのも事実。
特に若い方だったらお返しもこないのに
なんでお中元なんて贈らないといけないんだろう・・って不思議(不満)に思うことはありませんか?
形式だけが残ってしまっている今のお中元の本来の意味を知れば
少しでもその(不満な)気持ちが解消されるかもしれません。
そんなお中元の意味や由来、贈る相手や贈る時期などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

お中元は何故贈る?お中元の意味と由来を紹介

現在は品物を贈ることがお中元という認識になっていますが、
そもそもお中元とは7/15日に行われる行事の1つです。

中元とは中国から由来した「三元」の1つで、
7/15日にそれまで自分の犯していきた罪を償う日として
庭で1日中焚き火をする日でした。
また同じ7/15日はお盆の日として
先祖の魂を迎え入れお供え物などをして供養する日でした。
昔の人はこの中元とお盆の行事を同じ日にしていたのです。

それが室町時代には、「お盆」が死者に対して行う行事、
「中元」は今生きている人に対して行う行事
という認識が強くなり、お中元の日には
親、兄弟、親戚や親しい人の家に行ってお互いの無事や健康を喜ぶ日になりました。

そして時が進むにつれて、中元の風習は広がっていき、
江戸時代になると親しい人たちの家に伺いに行くのが7/15日の1日だけでは
足りなくなってしまったのです。

そういう人たちが考えた末に
中元の日の前後に無事を喜ぶ贈り物をしたり、贈り物を持って挨拶に伺ったりしました。

そしてそれが現在のお中元へと変わっていったのです。

お中元は本来は自分の罪を償うという日から
親しい人の健康や無事を喜ぶ為の日に変わり
現在はお世話になっている人に品物を贈ることで
礼を尽くす日となりました。

お中元を贈ることで相手に礼を尽くし、
お互いの無事や健康が確認され、
自分の罪を償える

と考えられればお中元を贈るのも悪くないですね。

スポンサードリンク

お中元を贈る相手とは?

お中元の本来の意味からすると、
健康でいてくれることが喜ばしい人、に対して贈るものなので
親や兄弟、親戚や親しい友人、尊敬する先輩、などが当てはまると思います。
ですが現在そこまでしている人はいないですよね。

贈るとすれば
親(実両親、義両親)、兄弟、親戚、会社関係 などでしょう。

マナーとすれば結婚したら親には贈るべきとは思います。

ですが、このような儀礼的なことは家家によって考え方は様々なので
(都会か田舎でも全然違いますよね)
実際に聞いてみるのが1番です。

親に贈る場合、他に結婚している兄弟がいれば
その兄弟にどうしてるか聞くのが良いでしょう。
(直接親に聞く手もありますが、遠慮していらないと言われる可能性もあるので)

兄弟間は直接、親戚には親に、会社関係は同僚に聞くと良いと思います。

誰に贈るのでもそうですが、相手の状況やこれまでの慣例に合わせるのが
1番無難で失礼にあたらないと思います。

お中元を贈る時期と相場

時期

お中元を贈る時期は大きくわけて関西と関東で若干違います。

関東:7月始めより7/15日まで
関西:8月始めより8/15日まで

とされています。
それぞれお中元の時期を過ぎてしまったら熨斗を残暑御見舞にして贈りましょう。

相場

相場は贈る相手によって若干の違いが出てきますが
だいたい3,000~5,000円の間で贈る方が多いです。

兄弟や親戚、友人などでは3,000~4,000円
親やお世話になっている上司の方などには5,000円程度です。

あまりに高額すぎても相手も気を遣ってしまうので
多くても10,000円以内におさえるようにしましょう。

さいごに

意味は時代と共に変化してきましたが、
お中元は古くから行われてきた日本の行事です。
面倒くさいとか、負担だとか感じることもあるかと
思いますが、時代が進むにつれて希薄になっている
人間関係の繋がりを確認できる良い機会です。
贈る際は是非、相手の健康と無事を祈りながら
贈られると良いですね。
そうしていればいつか自分にも
贈ってもらえる日がくると思います。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭 ,