GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

ブライダルシューズは購入する?しない?メリットやデメリットとは?

   

c6cef05950b390a7062f1b06602f37c8_s

秋は春と並ぶ結婚式のシーズンですね~。

挙式の準備は大変ですが、女子としてウエディングドレスや小物選びはとーーーっても
楽しいですよね。

昔はドレスも小物もレンタルするのが主流でしたが、最近ではオーダーで購入される方も
いらっしゃいます。

ドレスだけでなく、靴も記念の品として「ブライダルシューズ」を購入される方もいらっしゃいます。

特別な日なので、普段では履かない(履けない)ようなハイブランドの靴を考えていたりしませんか?

ハイブランドは値段が値段だけに購入するか迷っちゃいますよね。

ブライダルシューズを購入するメリットデメリットを紹介します。

買うかレンタルされるかの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク
  

ブライダルシューズは購入する?しない?購入するメリット&デメリットについて

ブライダルシューズ(ウエディングシューズ)の購入って憧れますよね。
まだまだレンタルが9割と購入される方は少数派ですが、
買われる方も増えてきています。
芸能人だと2010年に結婚式をされた梨花さんはクリスチャンルブタンのフワフワのコサージュがついた
ウエディングシューズを履かれてましたよね~。→画像 
とっても素敵でした。

ただ、ウエディングシューズを実際に購入するとお金がかかる以外にも気をつけないといけないことがあります。

それらを踏まえて購入されるかレンタルするかを考えてみて下さい。

購入するメリット

・結婚式の記念として一生手元に残して置ける

・自分好みのデザインの靴を選べる

・ウエディングシューズに愛着を持てる

・人の目に見えない部分のオシャレだけに満足度が高い

・人とは違う自分だけのウエディングシューズなので特別感が出る

・白ではなくベージュ系やシルバー、ゴールド系にすれば普段も履ける
 サムシングフォーにかけて青系を選ぶのもあり

・自分が初めて履くので衛生的

・基本的にはドレスに隠れて見えないが、チラっと見えたときに高級感がある

・足元だけのフォトショットを撮ったり、写真のバリエーションが増える

購入するデメリット

・費用がかかる(レンタルだと5000~10000円ほどで済む)

・レンタルの靴はヒール部分も太く前も底上げになっていて前後で高低差を少なくしているものが多いが
 ハイブランドのウエディングシューズだとピンヒールのものが多く、履きなれていないと
 歩きにくい(ドレス着用時は裾を踏まないように前を蹴りながら歩くのでバランスが崩れやすい)

・ドレスの丈とヒールの丈を合わさないといけない。
 ウエディングシューズを先に買ってしまうと、ドレスがオーダーであれば調整できるが、
 そうじゃないとウエディングシューズに合わせたドレスを選ばないといけない=選ぶドレスの幅が減る

・ずっと靴箱の中に入れて保管しているとカビたり、黄ばんでくることもある

・白のザ ウエディングシューズだと結婚式以外で履く場所がない

・ウエディングドレスとカラードレスの丈が違うと靴もヒールの高さを変える必要がある。(2足必要になるかも?)

このようなところでしょうか。

見た目や満足感も大切ですが、ドレスを着て歩きやすいことが一番です。
結婚式当日はバージンロードから披露宴入場退場、テーブル周りとけっこう歩くことが多いのです。
歩きやすさで言えば、ヒールがピンではなく太いものが良いんですが、
ハイブランドのウエディングシューズはピンヒールがほどんとです。
普段からピンヒールを履きなれているなら良いかもしれませんが、
そうじゃないと本番までに練習が必要かもしれません。
それも頭に置いておきましょう。

スポンサードリンク

ウエディングシューズのハイブランドといえば?

やはり海外ブランドの靴ですよね。

クリスチャン・ルブタン

ジミー・チュウ

マノロブラニク
→画像サンプル


サルヴァトーレフェラガモ

→画像サンプル

プラダ(ミュウミュウ)

などでしょうか。

記念品として残されるのであれば白も良いと思いますが、10万以上出すのであれば
普段から履けるシルバーやシャンパンゴールドなんかにしても良さそうです。

ブライダルシューズを買うタイミング

・ドレス選びより前に買う
 ドレス合わせの際には靴を持っていけるので、丈を合わせてドレスを選ぶことができる。
 ドレスがオーダーでない限り、靴に合わせてドレスを選ばないといけないので、
 選べるドレスの幅が少なくなる

・ドレスを決めてから買う
 ドレスは好きな物を気にすることなく選べるが、ヒールの高さを気にして靴を選ばないといけない。
 ドレス丈がだぶだぶでも、裾が床より上がってしまってもいけない。

レンタルの靴であれば色んなヒールの高さの靴があるので、ドレスに合わせて靴を選ぶことができますが、
持ち込み(購入)になるとその対応ができないので、
ドレスを中心に選ぶか、靴を中心に選ぶかどちらかを優先しましょう。

ブライダルシューズ(ウエディングシューズ)の保管のポイント

何年経っても靴を見れば結婚式のことを思い出せるのが購入のメリットですよね。
いつまでも新品のままで・・とは難しいですが、
綺麗なまま保存できるようにしておきましょう。

・ブラシで汚れを落とす

・新聞紙を丸めて形に沿うように入れる(型くずれ防止)

・湿度が高いとカビが生えたりするので、購入した箱に入れる場合はキリなどで
 穴をあけておく(通気性の確保)

・除湿剤を入れて保管する

・定期的に箱から出してあげる

さいごに

ウエディングシューズを購入するかしないかについて、そのメリットデメリットをお伝えしましたが
少しでも悩みや不安が解消されましたでしょうか?

購入されるとドレス選び等、気にしないといけないことも出てきますが、
それでも自分だけのウエディングシューズ(ブライダルシューズ)って嬉しいですよね。

レンタルも臨機応変に対応できて価格面でも安いというメリットもありますので
ご自身が納得する方を選択していただければと思います。

レンタルでも購入でも素敵な結婚式になるのは間違いなしです。

これからの結婚式準備、頑張って下さい。

スポンサードリンク

 - 冠婚葬祭 , , , ,