GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

サンシェードは車に絶対必要?吸盤タイプの注意点と違反行為について

   

車を購入してはじめてむかえる夏!

花火に海にキャンプにと楽しいことが目白押しで愛車で出かけるのが楽しみで仕方ない季節がやってきます。

でも注意しておかないといけないのが夏の車内対策。

とりあえず、駐車している車によく見かけるのがフロントガラスに置いてある
アルミのサンシェード。

でもあれで本当に温度を低くできているんでしょうか?

見た目も良いとは言えないし、イチイチ駐車する度に広げておくのも面倒だし
使わないときの置き場に困るし、
温度変化がそんなに変わらないなら必要ないんじゃないのか。

そんな疑問にお応えします。

スポンサードリンク
  

車のサンシェードは必要?

まず、サンシェードはどこを守るものがご存知でしょうか?
サンシェードは車内温度をおさえることが第一の目的のものではありません。(結果的にそこにも繋がりますが)

サンシェードが守るべき場所はダッシュボードハンドルです。

ダッシュボードとハンドルはフロントガラスからの直射日光をモロに浴びます。
そして色味じたいも黒っぽいものが多い為、太陽の熱が集まりかなりの温度まで上昇します。

公式の機関が調査したところによると、8月に炎天下の駐車場に止めたボディカラーが白の車の
ダッシュボードの温度は74度にまでなったそうです。
ボディカラーが黒のものだと79度にまでなりました。

この温度だと止めてある車に戻ってさぁ出発しようとしても
熱すぎて触れないどころか間違って触ったら火傷する可能性もでてきます。

そして車体が白でサンシェードをつけた場合のダッシュボードの温度は52度でした。
22度も低くなっていますね。
この温度だと火傷の心配はなさそうです。

以上のようにサンシェードを装着するとしないではダッシュボードの温度にかなりの差が出ることが
わかりました。

またサンシェードを使用しているとダッシュボードの劣化が遅くなるとも言われています。

このようなことを踏まえるとサンシェードは使用した方が良いし、必要だと思います。

吸盤タイプのサンシェードの注意点

サンシェードの多くを占めるのが吸盤タイプのサンシェードです。
手軽で簡単だから良いですよね。
ただこの吸盤タイプはちょっとだけ難点があります。
それは外れやすいことです。
最初のうちは良いんですけど、長く使っていくうちにすぐ外れるようになってしまうんです。

そうなった時の対処法は

①吸着力を復活させる
②吸盤を新しく買い換える

です。

吸着力を復活させる
吸盤が外れやすくなるのは吸盤自体が固くなりガラスへの吸い付きが悪くなる為です。
それを解消するには吸盤を柔らかくすることが必要です。

スポンサードリンク

1、サンシェードから吸盤を取り外す
2、吸盤を熱いお湯の中に入れて5分待つ
3、吸盤が柔らかくなり丸みのある形に戻っていたらOK

※フロントガラスが汚れている場合も外れやすくなりますので
 フロントガラスの掃除も行いましょう。

吸盤を新しく買い換える
吸盤をお湯につけたりなんて面倒くさい~って方は新しく吸盤を購入して
付け替えるのでOKです。
吸盤自体そんな高くない(200円程度)なので
手間をかけたくない方はこちらの方が良いですね。
吸盤の注意点

安価でとても便利な吸盤なのですが、透明な吸盤だけは絶対に使用しないで下さい。
透明な吸盤は虫メガネのように光を集める性質があり、
炎天下のもとではそれが原因で車内に収れん火災が起こる可能性があります。
(実際にこれが原因で収れん火災が起きています)
カーショップで売られているものはほとんどが色付きですが、
吸盤を自分で取り替える際は透明ではなく必ず色付きのものにして下さい。
また、水の入ったペットボトルをダッシュボードに置いておくと
同じように収れん火災が起きます。
ダッシュボードの上には何も置かないように気をつけましょう。

吸盤を使用されたくないという方は
運転席と助手席のサンバイザーでサンシェードをはさんで固定すると良いでしょう。

サンシェード 車のどこにつけると違反?

車のサンシェードはフロントガラスの部分だけでなく運転席、助手席、
後部座席の窓につけれる様のものも売っています。

運転しながら夏の暑い日差しを浴び続けるのは極力避けたいですもんね。

ですが、走行中に運転席と助手席の窓にサンシェードやカーテン等をつけることは
道路交通法で禁止
されています。
理由は運転者の視野が狭くなることはもちろんですが、
他車の運転者とのアイコンタクトが取れずに事故に繫がる恐れもあるからです。

※後ろの席の窓は大丈夫です。

カーショップやネット通販では色々なサンシェードが売られていますが、
つける場所にはご注意下さい。

まとめ

・夏場の炎天下では車内のダッシュボードの温度は74度まで上昇。
 サンシェード使用すれば20度も低くなります。

・吸盤タイプのサンシェードは外れやすい。
 復活させるにはお湯につけること。

・透明な吸盤は収れん火災の原因になります。
 使用する際は色付きの吸盤を!

・運転席と助手席の窓にサンシェードやカーテンをつけると違反になります。
 注意しましょう。

スポンサードリンク

 - 生活 ,