GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

地蔵盆ってなんのこと?何をする?なぜ関西のみで関東にはないの?

   

022961

地蔵盆って知っていますか?
関西独特の行事なので、関東から関西へ引越しされてきた方でしたら
馴染みがないですよね。

地蔵盆とは一体どんな行事で何をするんでしょうか?

スポンサードリンク
  

地蔵盆とは?

お地蔵様といえばよく道端で見かけますし、日本中いたるところにありますよね。

お地蔵様は色んなことから私たちを守ってくれているのですが、とりわけ子供を守る菩薩様として信仰されて
いることが多いです。

お地蔵様が赤いよだれかけをしているのも「自分の子供が元気に育ちますように」との願いを込めて奉納されるものです。

そんな子供との結びつきが強いお地蔵様を供養し、祀る日を地蔵盆と言います。

地蔵盆は毎年8月23日24日に行われます。

通常のお盆は大人が中心になって行われるものですが、地蔵盆は子供が中心になって行われるものです。

子供にとっては、地蔵盆はとっても楽しい行事なんですよ~。

スポンサードリンク

地蔵盆って何をする?

お地蔵様を祀った祠の前に集まり、お地蔵様を清め、綺麗に着飾り、お供え物をし、お坊さんの読経があり、
その後お供えしたお菓子の配布があったり、集まった子供達でゲームをしたり、盆踊りをしたり、花火があがったり、
最後には福引があったりetc・・などが行われます。

また地域によっては子供たちが近所にあるお地蔵さんにそれぞれお参りをして、そのご褒美にお菓子をもらう

という所もあります。

どちらにしても子供にとれば地蔵盆=お菓子がもらえるってイベントですね。

会場まわりにはその地域にいる子供の名前が書かれた提灯を飾るところもあります。
これは子供が地蔵盆に参加している間毎年飾られるので、自分の名前が書かれた提灯を探したりする
楽しみもありますね~。

地蔵盆なぜ関西のみ?

お地蔵様は全国にありますが、地蔵盆が行われているのは関西が主です。(主に京都を中心とした近畿地方で盛んです)

なので関東の方からしたら、ん?何それ?ってなっちゃいますよね。

日本の中心地といえば今は東京ですが、昔は京都でした。

室町時代に庶民の間で子供を守る身近な菩薩様として地蔵信仰が広がりました。

地蔵信仰が広がったことで、そのお地蔵様を祀る日として地蔵盆も普及していったのですが、

関東でお地蔵様が普及しだしたのは江戸時代以降です。

それまでに関東ではすでに庶民の身近な神様としてお稲荷様を信仰している人が多かったのです。

お稲荷様を信仰していたので、地蔵信仰が広がらず、地蔵盆も行われないということになりました。

さいごに

地蔵盆は京都を中心とした近畿地方にある行事、ですが
私が住んでいた地域ではありませんでした。(大阪なんですけどね!)
今考えると確かに近所にお地蔵さんってそんなに見かけなかったような・・・

でもこんな素敵な行事、あってほしかったです~。
地蔵盆がある地域に引っ越してこられたのであれば、
関西独特の文化だと思って是非楽しんで下さい。

スポンサードリンク

 - 季節行事 , , ,