GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

サンシェードをベランダに設置 効果と雨の日の対応また耐久性は?

      2016/03/20

20b1acf32081ae44d701e0d24f8106b9_s
日当たりの良いベランダから差し込む真夏の日差し、部屋は明るくなって良いですが、
室内がすごく暑くなって困りますね。
最近よく見るサンシェード
よしずよりもおしゃれで良さそうだけど、
サンシェードで本当に日差しをおさえて室内の温度を低くすることができるんでしょうか?

サンシェードの効果や雨の日の対応、耐久性などをお伝えします。

スポンサードリンク
  

サンシェードをベランダに設置 効果は?

サンシェードは日差しを遮るものです。
当たり前ですが日光は熱をもっているので、それを遮断すればそれだけ
部屋の中に差し込む熱量を軽減できます。
部屋の中に入り込む熱量が少なくなればその分涼しくなるので
サンシェードの効果はあります。
風も通り抜けるので、風通しも問題ないでしょう。

ただ、ベランダ自体が熱せられていると、窓だけを遮断しても
ベランダの地面からの熱で窓付近が熱くなり、それほど室内の温度変化は
変わらないとうこともあります。
それを防ぐ為にサンシェードの端をベランダの手すりにかけて
ベランダに屋根を作るような形にして使用すると
ベランダ自体が日陰になるので、窓だけにかけるよりも効果は期待できます。

デメリットは、日の傾きによって日差しが入ることもあるということと
強い風にはパタパタと揺れてしまいます。

スポンサードリンク

余談ですが、熱反射フィルムというものを窓に貼るのも室内の温度を下げるのに効果的です。
(夏は外からの日差しを遮り、冬は中の暖気を逃しません。貼るのにコツが入りそうですが)
サンシェードと併せてすると効果は大きそうですね。

サンシェードはベランダに付けたままで良い?雨の日も?

サンシェードは綿や麻などではなくポリエステルやポリエチレン等のプラスチックの素材
からできているので雨が降ってびしょびしょにぬれるということはありません。

中には撥水加工されているものもあるので、ちょっとした雨ならそのままでも良いでしょう。
ただし撥水加工であって、防水加工ではないので強く降る雨や長時間降り続ける雨だと
防ぐことはできません。

耐久性のことを考えるとそういう日は面倒くさいですが
中に取り込んだ方が長く使えることになるでしょう。

また台風や風の強い日などは飛ばされると誰か怪我をしてしまうかもしれないので
取り込むようにしましょう。

サンシェードの耐久性は何年?

耐久性についてはあまり記述がないのですが、
あるメーカーのサンシェードでは耐久年数が約3年となっています。
使用している人の意見では現在2、3年使用しているけれど
まだ使えそうだと言っている方が多いので、3~4年ぐらいは使えるんではないでしょうか。

耐久年数を長くしたいのなら1年中つけっぱなしにするのではなく、
日差しが落ち着く10月~3月ぐらいの間は取り込んでおいた方が良いですね。
(冬場につけたままだと日差しが入らなくて寒くなりますしね)

まとめ

・サンシェードをベランダに設置するのは効果はあるが
 より発揮するにはベランダ自体を日陰にすること

・ちょっとした雨なら外につけたままでも大丈夫
 強い雨や台風などのときは取り込んだほうが良いでしょう

・耐久年数は3年ぐらい(使い方にもよる)

日差しを遮るとエアコンの効きもよくなるので節電にもつながると良いですね。

スポンサードリンク

 - 生活 ,