GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

土用の丑の日2016年はいつ?由来となぜうなぎを食べるようになったのかを紹介

   

1db0a7404cfc72315b487e6735b94966_s

土用の丑の日が近づくとスーパーでも売り切れになってしまうことがありますよね。

2016年の土用の丑の日はいつになるんでしょうか?

事前に知って品切れになる前にうなぎをゲットしましょう!

今日は

「今年の土用の丑の日はいつになるのか」
「土用の丑の日の由来」
「なぜうなぎを食べるようになったのか」

をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

土用の丑の日2016年はいつになる?

2016年の土用の丑の日は7月30日(土)です。
土用の丑の日 カレンダー

土用の丑の日の由来

今年は土曜日に土用の丑の日ですね~。

でも、この「土用」は毎年「土曜日」にあるわけではないんですよ~。

私はすっかり土曜日のことだと思っていましたが。。

ではいったいこの「土用」とはなんのことなんでしょうか?

この「土用」は中国の五行思想の火・水・木・金・土の「土」のことです。

中国の五行思想とは簡単に言うと全ての万物は火・水・木・金・土から成るという考えです。


炎上・灼熱の性質を表す。「夏」の象徴。


胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。「冬」の象徴。


成長・昇発・条達を表す。「春」の象徴。


金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。収獲の季節「秋」の象徴。


万物を育成・保護する性質を表す。「季節の変わり目」の象徴。

春夏秋冬の四季を五行では木(春)・火(夏)・金(秋)・水(冬)と表していました。

そして土はそれぞれの季節を調整しながら次につなぐ役(春夏秋冬にはない第5の季節のようなもの)とされていました。

木・土・火・土・金・土・水・土

このようになりますので、土(土用)はそれぞれの季節にあるということになります。

土用の期間は暦の立春(2/4)・立夏(5/5)・立秋(8/7)・立冬(11/7)の前18日間と決まっています。
(※立春などの二十四節気は毎年日にちが変わりますので土用の期間も変わります。)

なので2016年では

1/17~2/3
4/17~5/4
7/20~8/6
10/20~11/6

ここの期間のことを土用といいます。

スポンサードリンク

次に「丑の日」です。

丑とは干支(子・丑・寅・卯・辰・巳~)の丑のことです。

十二支といえば、今年は何どしだったっけ~?

というように、「年」のことを考えてしまいますが、
この十二支は「年」だけではなく、「時刻や方角、月や日」にもあるんです。

例)1日(子の日)2日(丑の日)3日(寅の日)4日(卯の日)・・・
  12日で一周して、また子から始まります。

今日が何の日かはこちらで調べられます。今日は何の干支の日?

土用の丑の日とは、「土用の期間にある丑の日」のことを言います。

土用の期間が18日で干支が12なので、巡り合わせによっては土用の期間に丑の日が2回ある年もあります。

2回目の丑の日を「二の丑」と言います。

ここまで見ると気づかれる方もいらっしゃると思いますが、
「土用の丑の日」って夏だけじゃないんですよね。

春にも秋にも冬にもあるんです。

でも一般的に土用の丑の日というと夏というイメージですし、
飲食店やスーパーなどでも夏に宣伝してますよね。

夏の土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは何でなんでしょうか?

土用の丑の日に なぜウナギを食べるの?

よく夏バテ防止の為に土用の丑の日にうなぎを食べるというのを聞きますが、
一番有名なのは平賀源内(ひらがげんない)が発案したという説です。
(※平賀源内:江戸時代の大天才といわれている。発明家)

諸説ありますが、
本来の土用の丑の日は

土に感謝する時期であり、田畑を耕すのに使われていた牛を休ませる日でありました。

なので土用の丑の日は「田畑も牛も休む日」になったのです。
そしてその日は土と牛に感謝する日として、土や牛にちなんで「黒いもの」を食べるようになりました。

黒いものであればうなぎでなくとも何でもよかったのです。(ごぼうとか色の黒い魚とか)

そして江戸時代、

夏はうなぎの旬の時期ではないため、商売がうまくいかなくて悩んでいたうなぎ屋が、平賀源内に相談したところ
この知識を知っていた平内源内がこの風習にちなんで「本日土用の丑の日」という張り紙を出したところ
うなぎ屋が大繁盛したとのことです。

なのでもともとは土用の丑の日は「黒いもの」を食べる日だったのが、
うなぎ屋の策略?で「うなぎを食べる日」として定着していったのです。

もちろん夏の暑い時期に栄養価の高いうなぎを食べることで夏バテ予防を図ろうというのも
あると思いますけどね。

土用の丑の日は春夏秋冬どの季節にもあるのに、夏しかクローズアップされないのは
夏にうなぎが売れなくて困っていたうなぎ屋が仕掛けたことだったからだったんですね。

さいごに

土用の丑の日だからうなぎを食べなくちゃっ!と
今まで深く考えずにスーパーでうなぎを買ってましたが、
今年からは別の黒い食べ物にするのも有りですね~。
国産うなぎ、高いですもんね。(しかも旬じゃない)

スポンサードリンク

 - イベント , , ,