GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

七夕の笹はどこで販売してる?いつから飾る?飾りの処分方法を紹介

   

9b9c3e1d4ae7c7019ad15094d4480ee3_s

七夕と言えば願い事を書いた短冊を笹の葉に結んで
願い事が叶いますように・・・

と織姫さまと彦星さまに願いことをお願いする行事ですよね。
日本の行事の中でも1番夢やロマンが詰まっていて素敵な行事だな~と思います。

七夕で使用される笹は横へは伸びす、上に上に伸びていくので

「願いが天まで届く」

とされています。

だから笹が使われているんですね。

ではその笹はいったいどこで売られているんでしょうか?

スポンサードリンク
  

七夕の笹ってどこで販売されているの?

近所に竹林などがあれば、
笹を分けてもらえるようにお願いできれば1番新鮮でお金もかからず
手に入れることができます。

私も小さい頃はよく竹林からわけて頂きました。

でも、竹林が近くにある人はそうそういないですよね。

最近では7月に入るとお花屋さんホームセンター等で販売され始めます。

家庭用で飾るのであれば、そんなに大きいものでなくて良いと思いますが、
もし3メートルを超えるものが必要であれば、
事前にお花屋さんに話をしておくと良いでしょう。

笹の葉は保管が難しく、すぐに枯れてしまうので、
購入時期は直前の6日がベストですが、
ホームセンターなどでは直近すぎるとすでに売り切れていることがあります。

なので、見つけたらある内に購入しておきたいですよね。

七夕までに日にちがある場合は少しでも長持ちさせる為に
以下のいずれかの保存方法をお試し下さい。

・笹全体が水に浸かるように大きめのタライやバケツに水を張り
 その中に笹全体をつける。
 上から濡れた新聞紙をかけておく。

・笹の根元部分を叩き割り、水を吸い上げる面積を広くして、
 バケツにさす。
 お酢を数滴入れると水が腐りにくくなるため水の吸収が良くなる。
 笹の葉には濡れた新聞紙でくるみましょう。

・笹の葉の部分をお酢を含ませたコットンで1枚1枚ふく

笹は切花と違って切ったところから水を吸収する力がありません。
できるだけ笹全体が水につかるようにして、全体に水分が
行き渡るようにするのが良いでしょう。
ですが、葉の部分が水につかるとクルンと丸まってしまいます。

もし生花にこだわらないのであれば
笹の造花を購入するのも一つです。

造花であれば、保存方法等を気にしないで良いですし、毎年使えます。

在庫限り!【七夕】ポリ笹枝tb-117バンブー大枝 110cm※笹の葉は本物に見える様に作られております。

価格:972円
(2016/4/6 22:20時点)
感想(1件)

スポンサードリンク

七夕はいつから飾る?

駅やスーパー幼稚園などでは7月に入ると笹が飾られて
自由に短冊を書けるようになっているところもありますよね。

家でも7日の夜に合わせて短冊を書いて飾って~という
ご家庭は多いかと思います。

ですが、

実は七夕を飾る正式な日付は6日の夜~7日にかけて
なんです。

7日の夜にはもう片付けをしないといけないんです。

これは七夕の由来となっている棚機女(たなばたつめ)が

7月6日に機屋にこもり、神様に捧げる衣を織り、
棚にお供えし、秋の豊作を願い、
7月7日に身の穢れを祓ってもらう

ということに準じてそうなっています。

たった1晩だけ飾って片付けないといけないのは
もったいない気がしますが、
「飾る日を間違うと願いが叶わない」
なんてことを聞いたりもするので
ここは守った方が良さそうですね。

七夕飾りはどう処分する?

七夕飾りは7日に「七夕流し」といって身の穢れを払い
天の川に流れ着いて願いが叶いますようにとの願いを込めて
海や川に笹や飾りを流していました。

ですが、現在では環境汚染の問題から勝手に川や海に
流すことはできないですよね。

神社では「お焚き上げ」と言って、
頼めば焼いてくれるところもありますし、
お正月に行われるどんど焼きに持っていくという方法もあります。

ですが、一般的には「もえるゴミの日」に出してしまうのが
最も多いと思います。

一生懸命作ったものをゴミとして処分するのは少し気がひけますが、
川に流すことができない現代では仕方のないことです。

処分する前に写真に残したり、
子供の願い事がかかれた短冊のみを残してアルバムと
一緒に挟んでおくのも良いですし

短冊のみを入れた短冊アルバムを子供ごとに作って
毎年ページを増やしていくのも後で見返すと面白くて楽しそうですね。

さいごに

参考になりましたでしょうか?

短冊をかざるのはたったの1日のみですが、
それまでの間に笹を準備したり、
笹に飾る物を子供と一緒にたくさん作ったり、
七夕の行事を通して楽しい時間を過ごせますように・・

スポンサードリンク

 - イベント ,