GOGOたぬきのお役立ちサイト

日常の疑問とBIGBANGと育児やtanukiのつぶやきごちゃまぜブログ

ユニクロUVカーディガンの効果は?日焼け止めはいる?洗濯でも落ちない?

   

845f350619560b0f8c0947a9285e81c6_s気象庁のデータによると、紫外線量が増え始めるのが3月、落ち着くのが11月に入るまでです。
紫外線対策は日焼け止めや日傘やと色々ありますが、最近ではUVカット加工されている
衣料品も出ています。
UVカット加工されているということから何やら良さそうではありますが、
その効果はどのぐらいあるのでしょうか?

スポンサードリンク

ユニクロのUVカーディガンの効果は?

ユニクロではもうUVカットカーディガンが販売されています。
色も定番のブラックからパステル系の色まで、好みに合わせて気軽に買えるのが良いですね。
値段も¥2,990-(抜)とお手頃価格ですが、UVカットの効果はどんなものなんでしょうか?

まず、UVカット加工についてお話します。
日傘でも同じなんですが、UVカット加工と一口に言ってもその方法は2通りあります。
①仕上がった製品に紫外線吸収剤を吹き付けるもの
②繊維自体に紫外線散乱剤を練りこんでいるもの

です。
(※紫外線吸収剤と散乱剤についてはこちらの記事中に記載してありますので参考にご覧下さい。)

効果は表面だけにコーティングしているものよりも、繊維の中まで練りこんでいる物の方が、
紫外線が奥まで入ってきても反射されるので②の方が効果は高いでしょう。
でもその分値段も上がります。

ユニクロの製品の加工の仕方はホームページを見ても商品タグを見ても詳しく書いていないので
憶測にはなりますが、おそらく①の後付けでのUVカット加工になると思われます。
理由はカーディガンの素材が綿100%だからです。
②の加工をするには繊維にセラミックや二酸化チタンなどを練りこまなければならなく、
そうすると化学繊維になり綿100%ではなくなります。

ユニクロのUVカットカーディガンの効果については詳細なデータは無いのですが、
UVカットカーディガンのUVカット率は90%以上です。
普通のカーディガンでこの遮蔽率に近づくには
分厚い真っ黒の目の細かいガーディガンでも着ないといけません。

また普通のカーディガンでは白や色の淡いものは紫外線を通しやすくしてしまうので
日焼け対策としては向かない色になりますが、
UVカットカーディガンなら色味を気にせず選ぶことができるので良いですね。
(逆に言えばUVカットカーディガンで黒色なら、より紫外線を通しにくくなるでしょう)

UVカーディガンを着れば日焼け止めはいらない?

これはどのレベルまで日焼けをされたくないかによりますが、
完全に日焼けをしたくないのであれば、日焼け止めを塗ってUVカーディガンを
着ることをおすすめします。

UVカットカーディガンのUVの遮蔽率は90%以上です。
これは高い遮蔽率だと思いますが、やはり繊維の隙間隙間から差し込む紫外線は
防ぐことができません。
1ミリたりとも日焼けしたくないというのであれば、日焼け止めを塗るのはもちろん
定期的に塗り直しをしなければなりません。

でもそこまで求めていない場合でしたら、日焼け止めを塗る変わりに
UVカットカーディガンを羽織っていれば十分でしょう。


スポンサードリンク

ユニクロのUVカットカーディガンは洗濯しても落ちない?

結論から言うと、落ちるでしょう。
断定的なことは言えませんが、
UV加工の仕方がおそらく後付けで紫外線吸収剤を吹き付けてコーティングしているので
洗濯の回数を重ねると、どうしてもそのコーティングが摩擦などで剥がれてきてしまいます。
洗濯の頻度にもよりますが、だいたい1年程度、と思っておいた方が良いでしょう。
これが繊維そのものに練りこむUV加工であれば、半永久的に持つとは思いますが、
その分値段も高くなります。

どちらが良いか、というのは考え方次第ですが、
紫外線対策でカーディガンを着る場合、着る頻度も多くなるでしょうし、
汗もかくでしょうから、何枚か洗い替えが必要ですよね。
使う頻度が高ければ劣化も早いでしょうから、
安くて毎年買い換えれるユニクロのUVカットカーディガンで十分じゃないかな、
と思います。

さいごに

紫外線はこれからますます強くなってきます。
焼きたくない!という方は欲しいカラーが売り切れになる前に
早めにカーディガンをゲットすることをおすすめします。

スポンサードリンク

 - ファッション ,